テーマ:コミック

「働きマン」

出版社勤務の弘子(菅野美穂)28歳、独身。 勝気な性格で、プライベートを犠牲にしても、恋人との関係が今ひとつで悩んでも、いざ仕事となると「男スイッチ」が入り、猛烈に仕事をこなす仕事命の女性です。 やる気の無い新人・田中邦男(速水もこみち)の面倒を見ることと引き換えに、「セレブな日常」と言う自分が出していた企画の進行を許してもらっ…
トラックバック:8
コメント:12

続きを読むread more

オススメ本「ネコ様の言うなり」

動物好きの「しろちび」さんの所で、可愛いネコのマンガを見つけてしまいました! ■「ネコ様の言うなり」(作:野本のばら)■ ちーことりゅー坊、そして飼いの間に起こる事件の数々。 と言うか、ちーこと飼い主の間に、新しい住人のりゅー坊がやって来た事から物語が始まります。 ちーこは、今まで飼い主の愛情を一人で浴びてきました。…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

「医龍」Karte11

  右冠動脈瘤。このままバチスタ手術を行えば、幼い患者は心筋梗塞を起こして死亡します。加藤(稲森いずみ)は、やむなく手術の中止を宣言します。 しかし、朝田はバイパス手術を行い、オペを続行すると言います。今、ここで手術を中止しても、このあまりにも幼い患者には再手術する体力が残っていないと言います。 糸のように細く直径1㎜にも満た…
トラックバック:12
コメント:8

続きを読むread more

「医龍」一挙再放送!(第1~10話)

6/29(木)の最終回を前に、第1~10話を一挙再放送! 6/ 20(火)から、フジテレビ『チャンネルα』にて、放送されるそうです。 お時間のある方はどうそ! 放送スケジュールは以下の通りです。 6/ 20(火)  15:00~15:58 #1 21(水)  同上 #2 22(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「医龍」Karte10

バチスタ3人目の患者隆君の容態が急変。木原医師のもと、患者に除細動機を使用しましたが効果はありませんでした。 「ご両親に連絡を」と言う木原医師の言葉に、 「ボクに任せてください」と伊集院君・・・・。 拡張型心筋症の患者で、除細動機が効かない場合、電極バッチの位置を変えて効果があったと、伊集院君は、提言します。 そして、伊集院…
トラックバック:8
コメント:10

続きを読むread more

「医龍」Karte9

加藤ちゃんVS霧島!! 大変な事になりました。 二人目のバチスタ手術が行われました。 変性細胞の特定に、朝田は心臓を直接触って「異なる神経が支配している中指と薬指の腹を使って、平衡に移動させろ」と加藤に指示をします。 加藤は、その変性細胞の感覚が判りませんでした。 しかし伊集院君は、ほんの少し判ってしまったようです。 …
トラックバック:10
コメント:12

続きを読むread more

「医龍」Karte8

明真大学付属病院では、野口教授(岸部一徳)が、先だってのバチスタ手術をめぐる失態で、大きな改革をしなければ不味いと、加藤助教授(稲森いずみ)に指示をします。 伊集院登(小池徹平)は荒瀬門次(阿部サダヲ)がバチスタチームに加わることに反対。 吸引麻酔薬でふらついた荒瀬を家まで送ることになった伊集院は、強引に荒瀬の行きつけのバーに連…
トラックバック:9
コメント:10

続きを読むread more

「医龍」Karte7

びっくりしました!ミキと霧島が異母兄妹だったなんて。|)゚0゚(| ホェー!! ミキは、霧島の父親の愛人の娘で父親が病に倒れた時に霧島家に母子共に呼び寄せられましたが、霧島性を名乗ることも許されず、家政婦同様に働かされていたんですね。 そして以前、北日本大学で霧島の下で朝田は執刀医としてミキは看護師として働いていたんですね。…
トラックバック:11
コメント:12

続きを読むread more

「医龍」Karte6

里原ミキ(水川あさみ)にグラフト採取をさせる! それは流石にマズイんじゃないでしょうか?? いくらミキに技術があっても、やってはいけないことですよね。 看護師としての越権行為。 患者の命を助けたい気持ちは充分分かります。 しかし、医師法違反、倫理委員会・・・・。 そして、他のスタッフも処分を受ける・・・。チーム全体の…
トラックバック:9
コメント:12

続きを読むread more

「医龍」Karte5

良かったですね。伊集院君が加藤Drから合格点がもらえて。 見事にグラフト採取を行い「性格的にも、繊細な仕事に向いている」と言われ、やはり外科医としての素質があるみたいです。朝田はしっかりと伊集院の素質を見抜いていたのですね。 バチスタ手術を行う患者の候補は、16歳の女子高生と55歳の主婦。 ふたりとも拡張型心筋症で、このままだ…
トラックバック:12
コメント:8

続きを読むread more

「医龍」Karte4

今回は、ペースメーカーのお話です。 一晩に3人も不整脈の患者が運ばれてきたことを不審に思う朝田です。 3人の患者の担当医は、沖秀之(袴田吉彦)。 不整脈で運ばれてきた患者たちと同じペースメーカーを朝田が調べると、そばで携帯電話を使うと停止してしまうことが解りました。 3人の不整脈を起こした時の状況は、それぞれCDショップの万…
トラックバック:6
コメント:4

続きを読むread more

「医龍」Karte3

外科医と内科医の見解の違いから、朝田と藤吉は対立します。 藤吉は、臨床医としては極めて優秀ですが、外科医に患者を渡さないことで医局とたびたびトラブルを起こしていました。 また、藤吉には心室中隔欠損という心臓の欠陥で明真大学病院に入院している娘、樹里(向井地美音)がいます。手術を行うことは教授たちによって決定していたのですが、藤吉…
トラックバック:6
コメント:12

続きを読むread more

ドラマ「医龍」

コミックが原作の『医龍』を『離婚弁護士』などを書いた・林 宏司氏が脚本を担当しています。 東北の寒村で荒れた生活をしている朝田龍太郎(坂口憲二)のもとに、ある日、大学医学部助教授・加藤晶(稲森いずみ)が突然訪れます。 朝田龍太郎はかつてMSAP(万人のための医師団)で世界最高レベルの救命医療チーム"チーム・メディカル…
トラックバック:12
コメント:4

続きを読むread more