「医龍2 KARTE:09+働きマン第9話」

雄太@田中碧海・9歳、拡張型心筋症で、2年前に朝田がバチスタ手術をしたが、再び新機能が悪化。三尖弁閉鎖不全症、うっ血肝の併発。その患者が再び朝田を頼って来ました。

心臓移植も視野に入れての難しい患者です。
日本での15歳以下のドナーは認められていなくて、海外での心臓移植は1億円。

一方、先週倒れた野口は、不安定狭心症です。
結局朝田のチームを頼り、すっかり患者面して北洋に入院しました。
朝田たちに手術を頼み、自分のしてきたことを反省したかと思いきや、治った途端に、手のひらを返しましたね
人一倍喉が短い、悪い奴です

野口の手術は、開腹手術と腹腔鏡手術の中間の「ミッドキャブ」と言う術式で行われました。
極力お腹の傷を小さくして人工心肺を使わず、患者の負担を最小限にする方法です。
朝田は、いくら悪い奴でも患者のQOLを配慮したんですね。

伊集院君は、松平に諭されて自分の居場所を見つけることが出来ました

それにしても、北洋のチームは凄いチームに育ちましたね。
向かうところ敵なしという感じですが、雄太君の手術はちょっと心配です。


■不安定狭心症とは
症状のパターンが変化する狭心症のことです。狭心症の特徴からみて、症状が安定していた患者に、痛みがひどくなる、発作回数が増える、あまり運動していないあるいは安静にしているのに発作が起こる、などの変化が現れた場合は危険です。普通はこのような変化は、アテロームの破裂や血栓の形成により冠動脈の狭窄がひどくなり、冠動脈疾患が急速に悪化していることを示すものだからです。心臓発作を起こす危険性が高くなっているため、不安定狭心症は緊急に治療する必要があります。
メルクマニュアル医学事典より
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec03/ch033/ch033b.html


ミッド・キャブ(minimally invasive direct-visualized CABG )
http://www.syscom.ne.jp/home/seiwa/midCABG.htm


心臓弁.com
http://www.jinkouben.com/about.html


【キャスト】
朝田龍太郎 …… 坂口憲二
片岡一美 …… 内田有紀
伊集院登 …… 小池徹平
小高七海 …… 大塚寧々
荒瀬門次 …… 阿部サダヲ
里原ミキ …… 水川あさみ
木原毅彦 …… 池田鉄洋
松平幸太朗 …… 佐藤二朗
外山誠二…… 高橋一生
善田秀樹 …… 志賀廣太郎
藤吉圭介 …… 佐々木蔵之介
鬼頭笙子 …… 夏木マリ
野口賢雄 …… 岸部一徳


【原 作】
乃木坂太郎
(原案)永井明 (取材協力)吉沼美恵
「医龍~Team Medical Dragon~」
(小学館刊 「ビッグコミックスペリオール」連載中)

【脚 本】
林宏司
『離婚弁護士』 『離婚弁護士Ⅱ~ハンサムウーマン~』
『医龍 Team Medical Dragon』 『ハゲタカ』

主題歌 … AI 『ONE』
ユニバーサル ミュージック

【音 楽】
澤野弘之
河野伸

【プロデュース】
長部聡介
『離婚弁護士』 『離婚弁護士Ⅱ~ハンサムウーマン~』
『医龍 Team Medical Dragon』 『遥かなる約束』
山田太一ドラマスペシャル『星ひとつの夜』

三竿玲子
『プロポーズ大作戦』 DIVISION Ⅰ『放課後。』

【演 出】
水田成英
『ビギナー』 『愛し君へ』 『救命病棟24時』
『医龍 Team Medical Dragon』 『遥かなる約束』

葉山浩樹
『離婚弁護士Ⅱ~ハンサムウーマン~』 『大奥~華の乱~』
『トップキャスター』 『わたしたちの教科書』
『山おんな壁おんな』

【制 作】
フジテレビドラマ制作センター


~  ~  ~  ~

「働きマン第9話」の感想ちょっとだけ

今日の放送は、仕事に愛情を持てるかどうか?と言う、お話しでした。
今まで良い物を作れば売れると思っていた主人公の弘子が、ちゃんと売ってくれる人が居ないと、その本は売れないことを自覚したんですね。

書籍の営業の千葉は、やる気を無くしていて、ただ売れるデータマニュアルに則って仕事をしていたのですが、作家が書いた本を読んで情熱を取り戻しました。

情熱だけでは乗り越えられないこともあるかと思いますが、思い入れがないと仕事に力が入らないことも確かです。



"「医龍2 KARTE:09+働きマン第9話」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント