「ボブという名の猫。 幸せのハイタッチ」

ヘロイン中毒のストリートミュジシャンが、一匹の野良猫とであったことにより幸せを掴むと言うお話なのですが、ボブと名付けられたその猫の可愛いこと素晴らしいこと

ジェームズがヘロイン中毒になった背景には、学校に馴染めなかった事や両親の離婚により行き場を失い、ミュージシャンになる夢を持って単身ロンドへ向かいました。でも、現実は厳しく街角に立ち小銭を稼ぐストリートミュジシャンになります。そして日々の苦労や孤独からヘロイン中毒になってしまいます。
そんなジェームズに父親の再婚相手は冷たかったです~
「クリスマスディナーは?」と尋ねるジェームズに「悪いけど席は無いわ」だって

心の底では、中毒から脱却したいと願っているジェームズですが、なかなか実現はしません。
そんな時、ボブと出会って、この猫も行くところがないんだ、自分がしっかりしないとと思うようになり、薬への依存を断ち切ろうと48時間の戦いに挑みます。
ボブもきっとジェームズから離れてはいけないと思ったのでしょうね♡
そのボブは、実際の映画で主演をはたしているのですが、その表情の素晴らしいこと
目線がしっかりとしていて、まるで人間の言っていることが分かっているかのようでした。
(犬に追いかけられて走っているシーン等は、推定11歳のボブではなく若手が演じているそうです)


もう少し上映していますので、お時間と興味のある方は是非!劇場へボブとジェームズに会いに行って下さいね


※音楽もお勧めです
CD音楽はUKのインディフォーク・バンドNoah And The Whale のフロントマンだったチャーリー・フィンクのオリジナル(主演俳優もクレジットされている)と、オーストラリアの実力派コンポーザー:デヴィッド・ハーシュフェルダー(「シャイン」、「エリザベス」等)のスコアを収録しています。




映画予告編









映画「ボブと言う名の猫、幸せのハイタッチHP
http://bobthecat.jp/

ボブという名のストリート・キャットFacebook
https://www.facebook.com/jamesandbobjapan


奇跡を運ぶノラ猫★人生ドン底男とのキズナ
http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/131212_2.html
ボブという名のストリート・キャット
辰巳出版
ジェームズ・ボーエン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボブという名のストリート・キャット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Ost: a Street Cat Named Bob
Imports
2016-11-18
Original Soundtrack

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Ost: a Street Cat Named Bob の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年05月08日 03:25
ボブちゃん繋がりでやってきました。
ボブは本当に可愛くて、ハイタッチするところが特に可愛いですね。暗い本も好きなのですが、やはり「猫」とつくと観ずにはいられない。読まずにはいられないです。これからも拝読させて下さい。
2018年05月08日 23:21
こんにちは!ボブちゃん本当に愛らしくて♡
何とも素晴らしいです。
猫ちゃんつながりでどうぞよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック