「ゾウのウメ子逝く」

小田原城址公園で約60年間にわたって子どもたちの人気者だった国内最高齢のアジアゾウ「ウメ子」(雌、推定62歳)が17日、亡くなりました。
人間では約100歳に相当する長寿を全うしたウメ子でした。

以前、小田原へ行った時にこのウメ子がいる小田原城址公園へ寄ったことがあります。
夏の暑い日で、アイスキャンディーを食べながらウメ子を見ていたら、側に寄ってきてアイスキャンディーを欲しそうにしていたので差し出すと美味しそうな顔で全部食べられてしまいました。
その時のウメ子がとっても可愛かったので物凄く印象に残っています。
ウメ子のご冥福を祈ります。



国内最高齢のゾウ「ウメ子」逝く 

神奈川県小田原市の小田原城址公園で約60年間にわたって子どもたちの人気者だった国内最高齢のアジアゾウ「ウメ子」(雌、推定62歳)が17日、死んだ。小田原市によると、人間では約100歳に相当する。

 ウメ子の死亡で、井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)で飼育されている同い年の雌のアジアゾウ「はな子」が国内最高齢のゾウとなる。

 ウメ子は昭和25年9月に市制10周年を記念して小田原市がタイから購入。当時推定3歳、体重約450キロだったウメ子は、体重約3トンにまで成長。小田原城と並ぶ市のシンボルとして、市民や観光客に親しまれた。

 飼育員が17日朝、飼育舎の中でぐったりしているウメ子を発見した。16日までは普段通りに餌も食べ、元気な様子だったという。




画像


小田原城址公園内動物園
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/Leisure/Castle/doubutuenyuenti.html

http://odekake.info/kanagawa/62_zoo/odawara/odawara.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年09月23日 23:18
ゾウは長生きですね。それでもこうしていつかはお別れする時が来ます。100歳相当だから十分に天寿をまっとうしましたよね。見事な人生(象生?)だったと思います。ウメ子のご冥福を祈りたいと思います。
2009年09月27日 00:36
マチベーさん、こんばんは!

ウメ子がアイスキャンディを食べる姿は本当に可愛かったですよ。
安らかに眠りに付いたので良かったと思います。

この記事へのトラックバック