「トライアングル・第3話」

大、大、大遅刻ですが、感想です
サチが25年前の葛城佐智絵の事件を調べだしたのは、10歳のときに10年後の自分へ向けて書いた葛城佐智絵の手紙を読んだからなんですね。

それにしても、信造@北大路欣也の見せた手紙を偽者と思い、サチから手紙の内容を聞き出した亮二の誘導尋問は上手でした。

小さいときに、施設にいたサチは清子に初めて抱きしめられたことをシッカリと覚えていました。
その時から、自分はサチではなくて葛城佐智絵として生きていくことを決めたのですが、サチはきっとそうすれば、清子からの愛情を受けられるこを推さないながらに感じつつ大人になったんでしょうね。。。。。。

大人になって、心の底には葛城佐智絵のままで良いのかという葛藤を持ちつつも自分を誤魔化して生きてきたサチは、あの手紙を読んでやっと一歩前へ踏み出した感じがします。


でも、お話はまだ謎だらけです~。

サチが襲われたのは手紙を奪うためだと思いますが・・・・
何故、今頃その手紙が問題に?
警察が偽の手紙と交換し封印したはずなのに出てきたから?
何故、封印したの?

信造は何故偽者の手紙を持っていたの?
信造と志摩野、堺雅人は知り合い?

顔に痣のある男・・・・・新藤利通は、静子と知り合い?
まっ、まさか・・・・佐智絵の・・・・・実の・・・・・

思いを寄せていた佐智絵に悩みがあるのを知りながら何もできず、“葛城佐智絵さんを助けてあげて”と書いてあった亮二の手紙は、10歳の少年の切実さが伝わってきて、胸キュンです

亮二は、10歳の時の自分の手紙に応えることが出来るのでしょうか?
サチを守り抜くことが出来るのでしょうか

謎が沢山あるのですが、今ひとつ謎解きを楽しめません・・・・・~。

どうか
亮二を立派な男にしてやってください

サチの心に本当の”幸”が訪れるように


キャスト
郷田亮二 … 江口洋介
黒木 舜 … 稲垣吾郎
サチ … 広末涼子
郷田唯衣 … 相武紗季
  ●
志摩野鷹也 … 堺 雅人
  ●
富岡康志 … 谷原章介
秋本 了 … 佐々木蔵之介
  ●
丸山慶太 … 小日向文世
葛城 均 … 大杉 漣
葛城清子 … 風吹ジュン
黒木信造 … 北大路欣也

■原作
 新津きよみ
 『トライアングル』(角川書店刊)

■脚本
 水橋文美江

この記事へのコメント

アンナ
2009年01月24日 17:15
芯ちゃん こんにちは!

遅刻しても書くからエライです!
アザのある男。。。誰なんでしょうね。
志摩野と佐智絵の父が繋がってるのは
何でしょう?
もう???マーク飛び交ってます。
亮二は佐智絵を守れなかった自分が
悔しいんだろうね。
どんな結末になるんだろう。
楽しみにしてます。
お気楽
2009年01月24日 17:31
そっか新藤は本当のお父さんかも知れないね。
佐智絵が言ってた嫌な奴は誰なんでしょ?
2009年01月25日 00:23
アンナさん、こんばんは!

エヘッ!遅刻しても書くの偉いでしょう

いつかのドラマのコメントのように?が飛び回り過ぎです!

とにかく二人が幸せになってくれるように祈るのみです
2009年01月25日 00:25
お気楽さん、こんばんは!

>そっか新藤は本当のお父さんかも知れないね。

ベタだけどもそう思ってしまうのです~。
嫌な奴は・・・・わかりましぇん。
2009年01月25日 00:58
こんばんはです。
ホント謎だらけの展開ですが
とりあえず

今回の事件は
手紙の存在を知って
それを読んだサチから奪おうとした。

でも、それ以降
彼女が襲われる感じはないとしたら

もしくは手紙を燃やした事を
既に犯人は知っているかもとか

色々と妄想してます(; ̄∀ ̄)ゞ

もっと情報ヽ( ゚д゚)ノクダサイ
って感じですね。
2009年01月25日 21:09
ikasama4 さん、こんばんは!

手紙だけが真実を語っている感じですよね~。

登場人物の情報は、まだ全然分りません~~。

手紙が燃やされてしまった今、謎解きは何処から説かれていくのでしょうかね

まあ、楽しみにしています!

この記事へのトラックバック