「華麗なる一族」最終回

銭高の証言を受け大介は、帝国製鉄の和島社長(矢島健一)を阪神特殊製鋼の破産管財人に据えました。取締役専務を解雇された鉄平は、もう裁判を起こす権利も無くなり、和島は、提訴を取り下げてしまいました。
仕事を失い、裁判で父と戦うことも出来なくなった鉄平・・・・。
自分に何が出来るのか?
自問自答した鉄平に、もう出来ることは無くなってしまいました。

そして、悲しい選択を・・・・。

阪神銀行を守るため、万俵家を守るため、大介が推し進めてきたことは、合併が成功し万俵家に安泰をもたらしたかの様に見えましたが、鉄平という実の子供を亡くしました。
実の子だった事が、鉄平の死後に分かるなんて悲し過ぎました。。。。

鉄平が、大介と歩み寄ろうと最後の話し合いに来た時も、冷たく突き放した大介です。
理性では許せても、心の底では許せなかったと、大介は言いました。
でも、私にはそんな大介の気持ちが分からなかったですし、大介という人物そのものもずっと分かりませんでした。
鉄平を憎んだとしても、男として一人の人間として認めてあげることは出来なかったのでしょうか?
大きな銀行の頭取として社会で活躍している人物でも鉄平を許す器量が無かったのでしょうか?
愛情をかけてあげられない上に、仕事まで取ってしまい、裁判という戦いの場からも引きずり下ろしてしまうなんて、冷た過ぎます。

鉄平が、自分の家族と共に別の行き方が出来なかったことも残念です。

この記事へのコメント

2007年03月20日 21:32
せっかく合併した銀行も、他の人の思惑で取られてしまうと言うのも、怖い話です。
何となく後でホリエモンのことをふと思い出しました。
利用されていらなくなったら捨てられる。
政治の世界では当たり前みたいですね。
そういえば刺客の人たちも、造反組が戻りと言うこともありました。

戦時中の血液の違い良くあったみたいです、父親がやはり軍隊で聞いた血液型と戦後入院し手術の時検査した血液型が違うと大騒ぎになり、戦時中輸血されていたら死んでたよ、と良くいっていました。
今では同じ血液型でも輸血するときクロスマッチと言う検査するので殆ど間違いないです。(^o^)
mari
2007年03月21日 01:02
ラストだけが、盛り上がりましたが、
鉄平が死を選ぶとは思えませんでした。
夢に理想に生きていく人だと思ったからで
す。
2007年03月21日 01:16
v740gle さん、こんばんは!
政治と銀行(お金)は、切っても切れない仲ですよね~。
裏切っても、利用価値ありなら戻れるんですかね。

昔の血液検査はひどかったんですね。
2007年03月21日 01:20
mariさん、こんばんは!

あれだけ熱かった鉄平ですものね。
生きる道が変わっても、家族と共に生きていて欲しかったです。
タイガーです(o`・ω・)ゞ 敬礼♪
2007年03月21日 07:15
いろんな意味で悲しかったドラマでした。 原作どおりだったらしいですが、ドラマではもう一ひねりほしかったところです。 鉄平、残された家族のことはどうするの(涙)

ウェブリブログからアメブロにTBが現在入らないようでして、申し訳ないです・・。
2007年03月21日 07:55
タイガーさん、おはようございます!

いくらお金持ちで生活に困らないといっても、父親が居なくなった太郎君はかわいそうです。
何とかして欲しかったです。

TB不具合了解しました!
アンナ
2007年03月21日 08:39
おはようございます。

9話分の不満を最終回のラストでうめてくれました。猟銃自殺をすることに最後まで受け入れることが出来なかった木村君の精一杯の視聴者へのメッセージが「何故僕は明日の太陽を見ないのだろ」になります。
悲しすぎますよね。
でも、ラストは圧巻でした。
私は満足したつもり(笑)
レビューお疲れさまでした~♪
2007年03月21日 22:34
アンナさん、こんばんは!

最終回、木村君がギュッと目をつぶる所凄かったです!
悲しい結果に終わってしまいましたが、アンナさんのレビューで、鉄平の気持ちを丹念に確認できて再び鉄平への思いを噛み締めました。
やっぱり、爺ちゃんと父ちゃんが悪い!
まこ
2007年03月21日 23:09
ドラマ視聴中は、雰囲気に飲み込まれて泣けちゃいましたが、日にちを追う毎に自殺という
結末に納得が出来ない・・・
なので今、必死で原作を読み進めてます(笑)。
ドラマという短い時間では描ききれない部分も
多々あったでしょうからね~。
原作では、鉄平の心情に納得出来るかもとの
淡い期待で頑張って読みたいと思いますです♪
2007年03月22日 00:06
まこさん、こんばんは!

尊い命が失われるという事で悲しい思いをしました。
でも、妻や子供のことを考えなかったのかと言う所では、とても残念に思っています。

私は原作を大分前に読み、物凄い斜め読みしかしいなくて憶えていない所が多々あります。
なので、私も読み直しますので何か思う事があったら、まこさんにお便りしますね♪
かりん
2007年03月22日 12:00
鉄平は生きるためにどうしても父親の愛情が欲しかったのね。
産まれてきたことを否定されては生きるよすがも失ってしまうということなんですね。かわいそう過ぎて絶句するばかりでした。最後は号泣でした・・
ルル
2007年03月22日 13:19
みょうがの芯さん、こんにちは!
ドラマの鉄平は強い人に見えましたから
自殺とは意外でしたが
原作に忠実にしたのですね。
時間があったら読みたいですが、、、
3冊ですよね?(;^_^A アセ
サラサラ読めますか?
2007年03月22日 22:30
かりんさん、こんばんは!

あそこまで父親に拒絶されて、本当に可哀相でした。。。。
私も、涙無くては見られない最終回でした。
2007年03月22日 22:50
ルルさん、こんばんは!

残念な結果に終わってしまいました。

「華麗なる一族」の原作は読んでいないのですが、「女系家族」や「白い巨塔」は読みやすかったですよ♪
どれも長いですが・・・・。

この記事へのトラックバック

  • 華麗なる一族 最終章 後編 第10話:決意の死~未来へ

    Excerpt: 鉄平、かわいそ過ぎ!!! 。・゚・えぇ―(o≧д≦o)―ん・゚・。 大介の子では無いと誤解したまま死んじゃった・・・ それもこれもぜーーーんぶ、意味深な言動をしたマシュマロじじいのせいぢゃ!!! どん.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2007-03-21 00:25
  • 華麗なる一族 最終話

    Excerpt: 僕はなぜ明日の太陽を見ないのだろう。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2007-03-21 01:44
  • 雪山遭難スペシャル第三夜、・・・・・・ボクが・・・・・・・・・生まれ・・・なければぁ・・・・・(木村拓哉)

    Excerpt: 「生まれてこなければ良かった」と父親に告げられた時、鉄平は生きる意欲を喪失したの Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2007-03-21 02:39
  • 《華麗なる一族》◆最終章 後編

    Excerpt: 銭高の証言で、大介は、窮地に陥った。しかし、負け裁判でも打つ手はあると、強気に言い張った。帝国製鉄の和島が管財人として現れた。鉄平は、解任。挙句に、提訴を取り下げた。これも大介の差し金で、阪神特殊製鋼.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2007-03-21 05:02
  • 華麗なる一族 最終章 後編~決意の死~未来へ~

    Excerpt: 涙・・・涙のラストでした。大介が鉄平の本当の父親だということは、原作を読んだので知っていたので驚きはありませんでしたが、鉄平の遺書に泣かされた。 Weblog: アンナdiary racked: 2007-03-21 08:34
  • ・TBSドラマ「華麗なる一族」第10話(最終章 後編)最終回

    Excerpt: 2007年3月18日(日)21時から、TBSテレビで、ドラマ「華麗なる一族」第10話(「最期の父子対決」)=「最終章 後編」が、放送されました。最終回は、90分スペシャル。昼間は、総集編っぽいのを放送.. Weblog: たまちゃんのドラマページ racked: 2007-03-21 10:00
  • 華麗なる一族(終)

    Excerpt: 「決意の死~未来へ」※最終回視聴率は関東30.4%、関西39.3% Weblog: ドラ☆カフェ racked: 2007-03-22 13:13
  • 華麗なる一族 最終話 「決意の死~未来へ」

    Excerpt: てな具合に大団円である。 原作を読んでいない方々にも 先週の懇切丁寧な次週の予告&番宣により すっかりネタバレしていたと思いますが、まあそんな結末です。 鉄平の本当の父親に関しても、 これで先週の副題.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2007-03-23 23:10
  • 華麗なる一族

    Excerpt: ◆第一話 1/3  2/3  3/3◆第二話 過去の悲劇と真実1/2  2/2◆第三話 引き裂く運命 1/2  2/2◆第四話 悲しき裏切り 1/2  2/2◆第五話 運命を分けた死 1/1◆第六話 .. Weblog: YouTube情報局 racked: 2007-03-28 18:16
  • 華麗なる一族

    Excerpt: 華麗なる一族は山崎豊子原作だけあって、壮大なドラマでした。白い巨塔のように、救いのある結末を期待してましたが、どうしようもなく救いようのない結末に愕然としました・・・。 Weblog: 映画や本を淡々と語る racked: 2007-03-30 12:49