みょうがの芯

アクセスカウンタ

zoom RSS 「渋谷パルコ建て替え、2019年完成」

<<   作成日時 : 2016/08/06 21:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

渋谷パルコは1973年のパート1の開業から今年で43年。
建て替えのため一時休業、3年後にはさらなる街の活性化に貢献できるような魅力のあるビルとして、地上20階地下3階建ての大型複合ビルに建て替える計画です。高さ約110m、延べ床面積約6万5000m2の規模で、2017年3月の着工、2019年9月の完成をめざし生まれ変わります。
明日、8月7日が最終営業日です。
渋谷公園通りとして一世を風靡した界隈の再開発がどうなるのか?
楽しみですね♪
画像


公園通り(こうえんどおり)は、東京・渋谷の丸井渋谷店付近から代々木公園に通じる緩やかな坂道である。1972年(昭和47年)、渋谷区役所通商店街(当時)が、パルコ開店を機に命名した。名称は、「パルコ」がイタリア語で「公園」を意味すること、さらに、この通りが代々木公園に通じていることに由来する。
ウィキペディアより



振り返ると、渋谷店は40年以上も前から、渋谷の若者文化を支えてきた。現在は、西武百貨店やマルイ系の商業施設をはじめ、大小の商業施設が軒を連ねる活気ある大通りに面する同店だが、1973年の開店前はさびれた通りだったという。渋谷駅から0.5キロメートルと少し距離があったため、人が流れてこず、渋谷区役所へ行くための道として、「区役所通り」とも呼ばれていた。
その寂しい通りを一変させたのが、渋谷パルコだった。道にロンドン風の赤い電話ボックスを置き、原宿から店の前まで馬車を走らせ、前衛的な劇を上演する「パルコ劇場」(旧西武劇場)を設けたことで、文化的感度の高い若者たちを呼び寄せた。1980年代にDC(デザイナーズ・アンド・キャラクターズ)ブランドと呼ばれた、デザイン性の高い洋服が一大ブームを巻き起こしたときには、ここで買った洋服を着て渋谷を闊歩することが、最も粋なこと。”パルコ文化”という言葉すら生まれた。同店が面する通りの名前も、区役所通りからイタリア語で公園を意味するパルコに由来する「公園通り」に変わった。
「旧セゾンからJフロントの傘下へ」
旧セゾングループ時代には文化の発信地だった。現在はJ.フロントの子会社である
独自色を失ったきっかけとなったのは、2000年代に起きた、親会社である旧セゾングループの解体だ。先進的な文化事業に意欲的だった旧セゾングループの後ろ盾を失ったパルコは、イオンや森トラストなども名乗りをあげた争奪戦の末、2012年に大丸松坂屋を展開する、J.フロントリテイリングの傘下に収まった。

このM&Aは、百貨店事業が踊り場を迎えていたJ.フロントにとってこそ、うまみがあったと言える。パルコの主な収入源は、テナントからの安定した賃貸収入であり、J.フロントにおける連結での利益水準を安定させることができる。また、2017年頭に開業を予定している銀座松坂屋の跡地の商業施設は、パルコが持つ競争力の高いテナントを呼びこむためのノウハウを活用している。

一方で「パルコにとってのメリットはまだ見えにくい」(小売り業界担当のあるアナリスト)。旧セゾングループの中では、文化的な色彩を最も残していると言われるものの、かつての若者文化の最先端、というイメージは今や薄れつつある。
東洋経済より
http://toyokeizai.net/articles/-/126626?page=2

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介! 画像・コラム・イラスト・電子書籍ならコンテンツ・バンクへ
「渋谷パルコ建て替え、2019年完成」 みょうがの芯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる