みょうがの芯

アクセスカウンタ

zoom RSS 「台風、お見舞い申し上げます」

<<   作成日時 : 2013/09/17 14:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日の台風と突風は凄かったです。
被害にあった皆様に、心からお見舞い申し上げます。

日本列島を縦断した台風18号。
京都、滋賀、福井で、初めて大雨特別警報が発表され、「直ちに命を守る行動をとって下さい」とのことでした。
いつ、どんな場所で、こういう災害が起こるかどうか分からない今日。
結局、自分を守るのは正しい判断力と体力しかないのかな?

画像

台風一過の東京の空です。
皆様が、心穏やかに秋の空が見上げられる日が、一日も早く訪れますように

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うーん、京都に関しては。
東日本大地震の東北の廃材の受け入れや、松の丸太を未だに大事に保存しているので、少しは被災者の気持ちが分かったか、みたいなところは、あります。しかし、テレビで自分たちは被災者で出てくる浅ましさ、良く出来るなと思います。
と、辛口はこの辺で、昔から良くもめていて、個人的に、川の設計地図の周りを見渡し高い山の見えるところすべてが流れてきます。
まあ地図で面積計るんですが、確か年間降水量平均だったかなので、えっ、かなり、あふれるじゃんと言う事に、まあ実際は山林田畑などで地中に吸い込まれるので大丈夫だったんですが。友人が市役所に勤めていたので、30年前これから都市化が進むと雨水がと言う話に、そのとき公共施設の地下に貯水槽を作ったらと言う事が現実に、他にも、県の職員と河川の立ち会い時現状は曲がっているのに直線に工費が安くなるので、これはまずい、下流であふれると言ったら、大丈夫下流から工事してくるので、おいおい、そういうことでは無いだろう。
またダムが本末転倒で、大雨が続くと放流そう、下流の治水のためのダムが何と大雨の中放流火に油を注ぐ状態に、なぜなら、ダムが決壊して鉄砲水になるから。まあ人災みたいなもんです。
馬鹿の尻ぬぐいです。
v740gle
2013/09/23 15:06
v740gle さん、こんばんは!

コメントありがとうございます!
う〜ん、都市化やダムの放流など人災だという面も確かにありますね!
なんか、ダムって本当に必要なのか?
とか、洪水や土砂の被害に遭いそうな場所に家を建てざる得なかった人たちとか、どうしてもっと予測しないのだろうかと改めて思います。
それぞれの事情があるのだとは思いますが、もっと危機管理をしないといけないのかな?と思います。
でも、きれいごとなのでしょうかね???

2013/10/04 22:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介! 画像・コラム・イラスト・電子書籍ならコンテンツ・バンクへ
「台風、お見舞い申し上げます」 みょうがの芯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる