みょうがの芯

アクセスカウンタ

zoom RSS おすすめ「納豆」効果

<<   作成日時 : 2006/05/30 01:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

健康食品「 納豆 」は、その臭いやネバネバが嫌われがちですが、美容にも健康にも若さを保つのにも、やっぱりおすすめですよ。

納豆100gに含まれる栄養分
一般的な発泡スチロール容器の納豆2パック分です。

エネルギー   200kcal 

タンパク質 全身細胞の原料です。 16.5g

脂質   10.0g 

食物繊維(水溶性)   2.3g

食物繊維(不溶性)   4.4g

ビタミンB1   0.07mg

ビタミンB2   0.56mg
細胞の再生や成長を促進するはたらきのあるビタミンで、健康な皮膚、髪、爪をつくります。そのほか、脂質の代謝を促進し、糖質の代謝にも関係しています。
不足すると、脂質の代謝がスムーズにいかず、エネルギーになりにくくなります。
また、粘膜を保護するはたらきもあるので、不足すると口内炎、口角炎、目の充血、角膜炎などを起こします。
人間が糖などを栄養として摂取して、エネルギーを得るための化学反応として酵素が必要ですが、酵素には補酵素が必要な場合があり、その役目をビタミンB2が行うため、上記の働きをします。
納豆を一日1パック食べれば ほぼ必要量をとることができます。
ビタミンB2は、摂りすぎても尿となって出てしまうだけなので、食べ過ぎても特に問題はありません。

ビタミンE   1.2mg
血流を良くし、細胞に新鮮な酸素や栄養を運び、老廃物をだす働きを助けます。

ビタミンK   870μg
ビタミンKは、Koagulation(血液凝固)に由来し、血を凝固させる作用があります。また、ビタミンK(特にK2)は、カルシウムが骨になるのを助ける「骨たんぱく質(オステオカルシン)」の働きを高めます。ヒトの腸内細菌でも、一日の必要量の一部は作られるので、納豆を一日1パック食べていれば 十分な摂取量になります。ビタミンK2を多く含む食品は納豆だけです。

カルシウム   90mg

マグネシウム   100mg

  3.3mg

亜鉛   1.9mg

カリウム   660mg
体内のナトリウムを排出するので、降圧作用や細胞の再生に効果があります。

リノール酸  53.0mg
俗に言う悪玉コレステロール値を下げ、動脈硬化や心臓病を防ぎます。
大豆に、飽和脂肪酸を多く含む植物性脂質が約18%含まれています。

イソフラボン  106000μg
女性ホルモンに似たはたらきをもつため、骨がもろくなる骨粗鬆症を防ぎます。
最近わかった成分で、女性の乳ガンや男性の前立腺ガンの予防効果でも脚光を浴びています。

レシチン   大豆換算100g中 0.9g

セレン  234μg
抗がん作用があるといわれています。がん患者の血液にセレンが少ないことから、セレンの抗がん作用が研究されるようになりましたが、その仕組みについては、まだ解明されていません。アメリカではセレンが既に抗がん剤としてがん患者に投与されています。

【その他の成分】
サポニン :血管をしなやかにして、動脈硬化や高血圧などを防ぎます。
 
ナットウキナーゼ:酵素類  納豆菌がつくりだす酵素には、たんぱく質をアミノ酸に分解する「プロテアーゼ」、デンプン質をブドウ糖に変える「アミラーゼ」、中性脂肪をグリセリンと脂肪酸に分解する「リパー」、維質を糖質に分解する「セルラーゼ」、その他に「ウレアーゼ」「パーオキシダーゼ」「カタラーゼ」「ペクチナーゼ」等々です。 さらに有名な『ナットウキナーゼ』は、心筋梗塞や脳硬塞の起因となる血栓を溶かす酵素として非常に注目されています。これは従来、心筋梗塞の発作時に投与されていた血栓溶解剤「ウロキナーゼ」が30分程度の効果しかなく、一回の投与で20〜30万円もかかっていたのに対し、ナットウキナーゼなら納豆100gに含まれるものだけでよく、更に8時間も効果が持続するからです。
 血栓を防ぐためには1日100〜200gの納豆食で良いとされています。先にあげた「プロテアーゼ」がたんぱく質を分解する時に生成する物質が、血圧を上げる「アンジオテンシン変換酵素」の働きを強く抑える事などもあわせて、納豆食が血管・心臓・血流の健康に非常に良い効果を発揮します。
 
ジピコリン酸 :納豆のネバネバした糸の中に含まれ、納豆菌が増殖する際に作り出されます。抗菌作用があり、O−157やコレラ、赤痢、チフスなどに対して強い働きをしめします。
 
ムチン質 :ネバネバのことです。
オクラ・山芋の粘りと同じもので、正式な学名は「グルタミン酸ポリペプチド」といいます。肌をうるおす効果があるため、若々しい肌をつくります。
 また、タンパク質の吸収を助ける作用があり、胃壁を保護して、胃かいようや胃炎を防止してくれます。
 
*第五訂 日本食品標準成分表より



健康マトリックスより↓
http://kenko.it-lab.com/shokuhin.php/35/
■納豆に含まれる健康成分を分かりやすく表示しています。


補足MEMO
■こんなに健康にも美容にもいい成分が沢山ある納豆を食べないわけにはいきませんよね。

※納豆だけに含まれるナットウキナーゼには、 血栓を溶かす働きがあり成人病対策に効果的とされています。
血栓は夜中から明け方にかけてできやすく、納豆を朝食よりも夕方に食べた方が効果が期待できるそうです。
又、血液をサラサラにするリノール酸、 細胞の老化を防ぐビタミンEが含まれていますので、血管を若々しく保つ効果があると言われています。

※イソフラボン、カタラーゼなどの多くの抗酸化物質が含まれているので、 老化現象の基である活性酸素を抑える効果があると言われています。
これは、美容にとって欠かせない成分ですね。

※納豆には大豆にない多くのビタミンK2が含まれています。ビタミンK2が少なくなると骨折をおこしやすくなります。 ビタミンK2はカルシウムを体内に取り込むためになくてはならない栄養素です。
骨粗しょう症に効果的ですね。


★マチベーさんからのご質問に勝手に回答してみました★

Q1、納豆はお好きですか?
物凄く食べたい日と、全く食べたくも見たくもない日があります。


Q2、どのくらいの頻度で納豆を召し上がりますか?
食べすぎもいけないので、3日に1回ぐらいです。


Q3、オススメの納豆の食べ方は?
下記に記載します。




納豆の臭いとネバネバ対策料理

納豆の独特の臭いとネバネバは、加熱すると抑えられる気がするのでご紹介します。
でも加熱調理すると、なんとなく金属っぽい味がするかも知れません。
かなりアバウトな作り方でスミマセン。

納豆のてんぷら(大体2個分)

小麦粉 …………1/3カップぐらい
卵 …………1/2個
納豆 …………1パック
ねぎ(わけぎ等) …………好きな分だけ

作り方:
@納豆に刻んだねぎと同梱のタレを入れてかき混ぜます。
A卵と小麦粉も入れたらサッと混ぜて、180度のサラダ油で揚げます。
※小麦粉、卵の量は、納豆のパックの量によって加減してください。


納豆のお好み焼き(2人前)

小麦粉 ………… 1/2カップぐらい
だし汁(粉末でもOK) ………… 適量
あれば山芋…………お好みで
油 ………… 適量

a)
納豆………… 1パック
添付たれ…………1袋
桜えび…………20g
万能ねぎ(小口切り)…………5本
キャベツ(千切り)…………100g
かつお節…………1袋(約5g)


b)
ソース ………… 適量
青のり ………… 適量
マヨネーズ ………… 適量

@aを混ぜ合わせて鉄板もしくはフライパンでで焼くだけです。
Abをお好みで掛けます。


納豆のお味噌汁

納豆 ………… 1パック
万能ねぎ…………適量
味噌…………適量
出汁(顆粒でもOK)

@納豆は、引き割り納豆が無い場合は包丁で細かく刻みます。
A万能ねぎも刻みます。
B出汁を取った鍋に納豆と万能ねぎを入れます。
Cお好みの味噌を入れて味を調えます。


注意事項納豆に含まれる大豆イソフラボンについては、微妙な成分である女性ホルモンのエストロゲンに似ていることから、トクホなど成分が濃縮された物に関しては、規制がされたそうです。
ただ、食品で摂取する場合は、摂取量の上限値を短期的に超えても直ちに健康被害に結びつくものではないとしているそうです。

詳しくはこちら↓
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0202-1b.pdf

お湯に溶くだけで朝食や間食に、乾燥納豆粉末「チョングッチャン粉末」



納豆―原料大豆の選び方から販売戦略まで
納豆―原料大豆の選び方から販売戦略まで (食品加工シリーズ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
納豆
最近では関西でも普通に食べられているそうですね。納豆・・・。 ...続きを見る
マチルダベイビー!
2006/05/31 19:23
ビタミンKの働きと必要性
ビタミンKは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつです。私たちの体は食べ物から摂取... ...続きを見る
ビタミンの栄養とビタミン剤の豆知識
2008/05/10 18:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
これを読んでさっそく夕べは納豆を食べましたよ。我ながら単純だなと思いますが、やっぱり体を大切にするのは大事ですから。納豆についてこれだけ沢山の記事をUPできるってスゴイと思いました。
しろちび
2006/05/31 12:52
天ぷら美味しそうですね!自分では天ぷらやらないので、母が作る時にでも頼んでみます。お好み焼きに入れるのもアリですね!きっと美味しいと想像がつきます!お味噌汁も大豆ですよね?まぁ、体に良いからといってそればかり食べていてもダメな訳で、最終的には好き嫌いなく何でも食べるのがイイ!という結論に辿り着くんですが。
マチベー
2006/05/31 19:27
しろちびさん、こんにちは!
>これを読んでさっそく夕べは納豆を食べましたよ。
納豆協会(あれば・・)から何か頂かないとーーーー。
健康的な食生活が一番ですよね。
(*'ー'*)ふふっ♪

記事、お褒めに預かり恐縮です〜♪
みょうがの芯
2006/05/31 20:05
マチベーさん、こんにちは!
本当に!バランスの取れた食生活が一番ですよね!
お母様の機嫌の良さそうな時に、レシピねだってみて下さいね(*゚▽゚*)
みょうがの芯
2006/05/31 20:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介! 画像・コラム・イラスト・電子書籍ならコンテンツ・バンクへ
おすすめ「納豆」効果 みょうがの芯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる